TOP > 自宅でも病院でも治療できる

排卵誘発剤の種類は自宅でも服用できる内服薬と病院などで注射することで摂取する2つの方法があります。

排卵誘発剤について

排卵誘発剤

ところで、皆さんは排卵誘発剤という薬について、どこまでご存知ですか?

クロミッドは排卵誘発剤であることは既に何度か繰り返しお伝えしていますが、そもそも排卵誘発剤とはどのような働きをする薬のことを指すのかよくわからない人もいるのではないでしょうか。

一体どのような効果がある薬が排卵誘発剤に分類されるのでしょうか。

まず、排卵誘発剤はその名のとおり、排卵を促す働きがある薬のことです。

不妊治療の現場では最もよく使われる薬になり、卵胞刺激ホルモンや黄体ホルモンの分泌を正常に整える作用があります。

そのため排卵障害はもちろん、黄体機能不全の治療に使われることも多くあります。

また、それだけでなく、体外受精や人工授精を行うときに妊娠の確率をあげるためにも使用されることがあり、不妊治療で大いに活躍してくれる薬です。

排卵誘発剤を使用すれば卵子がしっかり育つようになり、黄体ホルモンも分泌されるようになるため高温期が安定し、より妊娠しやすい状態へ導いてくれます。

このように、排卵誘発剤は不妊に悩んでいる女性が妊娠をしやすくなるように様々な効果を発揮してくれる薬のことです。

クロミッドだけでなく、排卵誘発剤に分類されている薬たちは不妊治療へ踏み切った女性たちの強い味方ともいえるでしょう。

内服薬の排卵誘発剤

セキソビット

一口に排卵誘発剤といっても、実は排卵誘発剤には2つの種類があります。

よく使用されるのはクロミッドなどの内服薬タイプの排卵誘発剤で、多くの不妊治療のクリニックではまず内服薬タイプの排卵誘発剤が処方されます。

内服薬タイプの排卵誘発剤の中で最も有名なのはクロミッドですが、クロミッドだけでなくセキソビットやテルグリドという薬もあります。

セキソビットやテルグリドにはクロミッドにはない特徴やメリットがありますが、セキソビットを取り扱っているクリニックは少ないため、クロミッドのほうが有名になっているようです。

内服薬タイプの排卵誘発剤は生理の3日か5日目あたりから5日間、決められた時間に服用し、1週間程度で効果が現れるという特徴があります。

内服薬タイプの排卵誘発剤は副作用も少なく、安全性が高いとされています。

最初に内服薬タイプの排卵誘発剤が処方されるのはこういった理由がありますが、内服薬タイプの排卵誘発剤でも効果があまり見られなかった場合は注射タイプの排卵誘発剤へ切り替えていくのが一般的なようです。

内服薬タイプの排卵誘発剤は使用する側からしても使いやすく、簡単に服用することができますが、使い続けると身体に薬の耐性がついてしまう可能性もあるので注意しましょう。

また、内服薬タイプなら薬の量を調節することも簡単に行うことができますが、ホルモンに影響する薬なので勝手に調節してはいけません。

また、内服薬タイプであれば、薬さえあれば自宅でも治療できることもメリットだと言えます。

注射タイプの排卵誘発剤

注射タイプ

排卵誘発剤のもう一つのタイプが注射タイプです。

内服薬タイプの排卵誘発剤でも効果が出なかった場合や、重度の排卵障害である場合はこちらが使われることが多く、効果は内服薬タイプよりも強いという特徴があります。

注射タイプの排卵誘発剤ではhCG注射やhMG注射という注射がよく使われます。

注射タイプの排卵誘発剤の中で有名なのがhMG注射で、注射薬の成分に卵胞刺激ホルモンが含まれているので、注射することによって確実に卵胞刺激ホルモンを増加させることができます。

内服薬タイプの排卵誘発剤では卵胞刺激ホルモンの分泌量を増やすために働きかけますが、注射タイプでは体内に直接卵胞刺激ホルモンを入れます。

内服薬タイプよりも強い効果があるのはこういった違いがあるからです。

ですが、注射タイプの排卵誘発剤では卵巣過剰刺激症候群の副作用が起きやすくなるというデメリットもあります。

また、多胎妊娠の確率も20%ほど高くなり、そのうちの3分の1は三つ子以上になるといわれており、効果が強い反面、副作用も強いタイプであるといえます。

注射タイプの排卵誘発剤を使うことになったときは、そのこともしっかり頭に入れておきましょう。

もし、注射タイプの排卵誘発剤を使ったあとに何らかの症状が現れたときは、すぐに担当してくれている医師に相談するようにしましょう。

使い分けることが大切

排卵誘発剤について説明する医者

不妊治療を行うにあたって必須ともいえる排卵誘発剤にはこのように2つのタイプがあり、それぞれに特徴や違いがあります。

内服薬タイプの排卵誘発剤は効き方も比較的マイルドで身体に優しく、副作用も出にくいという特徴がありますが、注射タイプの排卵誘発剤はその反対です。

どちらのタイプでも保険が適用されるので一気に高額な費用を負担しなければならないという事態にはなりませんが、どちらも薬の投与量が増えてしまうと保険適用外になる場合もあるので気を付けなくてはなりません。

内服薬タイプだと安価に使用することができ、1周期につき500円から1000円程度です。

これに対し、注射タイプだと1回につき1000円から1500円くらいの費用が必要になり、さらに注射の手技費用が上乗せされます。

効果が高い注射タイプの排卵誘発剤は内服薬タイプよりも費用も高めになってしまうという違いの他、自分で打つのは難しいので通院が必要であること、7日間か10日間ほど連続で投与しなければならないという違いもあります。

そのため、排卵誘発剤を使うことになったときは内服薬タイプと注射タイプの両方のメリットやデメリットなどの特徴、費用の違いなどをきちんと理解し、使い分けることが大切です。